【乳酸菌の花粉症改善効果まとめ】

アレルギーとは免疫系の過剰防衛

 

花粉症はアレルギーの一種です。

 

ここではアレルギーの仕組みについて説明します。

 

免疫系のしくみ

人間の体には病原体や異物から身を守る防衛システムが備わっており、免疫系と呼ばれています。

 

病原体や異物を抗原と言いますが、抗原が体内に入ってくると、対抗する物質である抗体という物質が作られます。

 

抗体は抗原を見つけてくっつき、白血球が追い出しやすいようにします。

 

また、さまざまな免疫反応を引き起こします。

 

例えば炎症。

 

いやなものですが、病気になった組織を破壊して体外に運び出すためのものです。

 

鼻水やくしゃみは、身体の細胞内に貯蔵されていたヒスタミンという物質が放出されて起きますが、異物を鼻水で洗い流し吹き飛ばすためのものと考えられます。

 

アレルギーのしくみ

アレルギーはこの免疫系が誤作動して暴走する現象です。

 

例えば花粉は人体に害などないのに、危険な異物だと勘違いして抗体を大量生産するのが花粉症というアレルギー。

 

眼のかゆみ、鼻づまりなどの症状が出ますが、そんな思いをしてまで花粉を排除する必要などありませんから、当人は大迷惑です。

 

免疫系のアクセルとブレーキ

免疫系にはアクセルとブレーキがあることがわかっています。

 

ともにヘルパー細胞と呼ばれるリンパ球の一種で、アクセルはTh2、ブレーキはTh1という名前です。

 

アレルギーはTh2が強すぎてバランスが崩れた状態。

 

乳酸菌が花粉症を改善する場合があることが判明しつつありますが、そのしくみはこのバランスを正すことによるものです。

 

すなわち乳酸菌は、免疫システムが暴走している時にはブレーキを踏み、アクセルを緩めて、正常運転を取り戻す力があるということなのです。