【乳酸菌の花粉症改善効果まとめ】

人間は細菌と共生している!

 

腸の中の細菌と花粉症にいったい何の関係があるのか?

 

俗説や迷信ではないのか?

 

そんな疑いをお持ちの方もいると思うので、わかりやすく、でもきちんと説明しますね。

 

腸内バランスとは?

人間の大腸には100兆個、重量にして1kgを超える細菌が住んでいます。

 

体重計の目盛の少なくとも1kgは細菌の重さだというのだから驚きです。

 

細菌は、人間に有益な善玉菌、害のある悪玉菌、状況次第でどちらにでも味方する日和見菌がおり、常に勢力争いをしています。

 

この勢力関係を腸内バランスといいます。

 

腸内バランスが悪玉菌優勢だと色々な健康問題が起きてきます。

 

そのひとつが花粉症なのです。

 

腸内細菌は何をしている?

人間はこれほど大量の細菌を身体の中に住まわせています。

 

そして善玉菌からさまざまな利益を得ています。

 

たまたまいるのではなくて、必要なのです。

 

人間は大腸という体内牧場に善玉菌という家畜を飼っている生き物です。

 

あるいは腸内に住む細菌と共生していると言ってもいい。

 

では、善玉菌からどんな利益を得ているか?

 

多方面にわたることがだんだんわかってきているのですが、特に関係が深いのが免疫系です。

 

免疫系と腸内細菌の関係

免疫系とは病原体や異物から身体を守る防衛システムです。

 

そして善玉菌は免疫系を強化する作用があるのです。

 

これは乳酸菌を摂っているとインフルエンザや風邪にかかりにくく、かかっても回復が早いという調査事例が増えてきていることで裏付けられます。

 

一方免疫系が暴走して過剰防衛に走るとアレルギーが起きますが、善玉菌はこれも制御しているようなのです。

 

つまり善玉菌は免疫系を力強く正常に運転させる力がある。

 

逆に言えば、腸内バランスが悪玉菌優勢になると、免疫系が弱くなって病気にかかりやすくなったり、免疫系が暴走してアレルギーになったりする。

 

これで腸内細菌と花粉症の結びつきが見えてきたと思います。

 

腸内に住む細菌と共生して自分の体を守っている人間という生き物。

 

ちょっと不思議ですが、これは真実なのです。