【乳酸菌の花粉症改善効果まとめ】

体質改善に効果あり

トップページで説明した、乳酸菌がアレルギーを緩和する仕組みは、ヨーグルトによる乳酸菌摂取でも同様です。

 

つまりヨーグルトは花粉症に効果があります。

 

ただし、即効性の症状緩和は無理で、数か月以上の時間を要する体質改善です。

 

また、効果のほどはヨーグルトとの相性や個人差で大きな開きがあります。

 

少なくとも乳酸菌サプリよりは時間がかかると思われます。

 

とはいえ、体質改善は根本的解決であり、うまくいけば毎シーズン対症療法を繰り返すよりいいので、やる価値はあります。

 

ヨーグルトが好きな人、サプリ・健康食品が嫌いな人は、ヨーグルトをメインにしていくのもいいでしょう。

 

もちろん、乳酸菌サプリを摂りながら、食事にはヨーグルトを積極的に取り入れていくのもアリです。

花粉症軽減を目的としたヨーグルト使用のポイント

毎日、長期間続けること

菌の種類によって差がありますが、消化液にさらされると乳酸菌はかなりの率で死にます。

 

コーティングなどが施された乳酸菌サプリに比べて、生きて腸に到達する率は相当下がると思っておいてください。

 

ナチュラルだが効率がよいとは言えない方法なので、大切なのは、毎日続けることです。

 

毎日続けてこそ「塵も積もれば」で効果が出てきます。

 

目安は1日100グラム以上。

 

食べたり食べなかったり、ましてたまにヨーグルトを食べるという程度では効果は出ないと考えてください。

 

次の花粉症に備えるのであれば、少なくともシーズンの3か月前から始めて、毎日食べるようにしましょう。

加熱しないこと

ヨーグルトの食べ方はデザート的な扱いが多数派だと思います。

 

常温、もしくは冷やして食べるのは問題ありません。

 

しかし、中近東風のレシピ等では料理にヨーグルトを使用し、加熱する場合があります。

 

この場合、料理を楽しむのは結構ですが、乳酸菌は全滅すると考えてください。

高生存率の菌の製品を選ぶ

先の述べたように、乳酸菌は胃液や腸液に弱いですが、その中でも比較的強くて生きて腸に到達する率が高い菌もいます。

 

今はそういう菌を使ったヨーグルトもたくさん出ています。

 

花粉症改善が主目的の場合は、そういう菌のヨーグルトを積極的に使うのがよいでしょう。